SEとライフハック

仕事、ライフハックなど考えたノウハウをアップしていきます。

Weblogic

【Weblogic】1212でNodemanagerをサービス化する方法

こんにちは、ippan_seです。
今回はWeblogic12.1.2以降でNodeManagerをサービス化する手順の紹介です。

手順
1.NodaManagerをバッチ起動している場合は停止します。

2.%USERDOMAIN_HOME%\bin\installNodeMgrSvc.cmdを管理者権限で実行します。
  私の環境の%USERDOMAIN_HOME%はC:\Oracle\Middleware\Oracle_Home\user_projects\domains\base_domain\binです。

以上です。

あとがき
Weblogic12.1.2を初めて触りトラブりました。
12.1.1以前は%WL_HOME%\server\bin\installNodeMgrSvc.cmdを実行する手順だったのですが、このバージョンから変わったようです。
12.1.2でもこの階層に同じファイルが残っているのが紛らわしいですね。
(2016-09-24)

WeblogicのORACLE_HOME強制削除

こんにちは、ippan_seです。
今回はWeblogicのインストールが失敗して、アンインストールもうまくできないって時の強制削除方法をご紹介します。
とってもマニアックなテーマですね。果たしてこのブログが何人に役立つのやら(^^;)

前提
・WebLogic Server 12.1.2 以降の ORACLE_HOME
・参考資料としてご案内済の以下 Oracle DB での手順をベースにしています。
  >  ■11gR2 にて手動で ORACLE_HOME をアンインストールする方法(KROWN:146683) (ドキュメントID 1752066.1)
  >  (https://support.oracle.com/epmos/faces/DocumentDisplay?id=1752066.1)
・手順に OS 上のレジストリ操作を含みます。
  対象外の部位への操作などには充分にご注意ください。

削除手順
1. Administrator 権限を持つユーザとしてログインしていることを確認します。

2. 削除対象の ORACLE_HOME 配下で起動している Oracle 関連のサービスを停止します。
   どのORACLE_HOME で稼動しているか確認するには、該当サービスのプロパティから「実行ファイルのパス」を確認します。 
   WebLogicをすべて停止します。

3. OUI インベントリから ORACLE_HOME を削除します。
  %ORACLE_HOME%\OUI\BIN\setup -detachHome ORACLE_HOME=%ORACLE_HOME%
  %ORACLE_HOME%\oui\bin\detachHome.cmd を実行します。
  C:\Program Files\Oracle\Inventory\ContentsXML\inventory.xml にて削除対象がREMOVE="T"になっていることを確認します。
  <HOME IDX="10" TYPE="O" LOC="C:\Oracle\Middleware\WLS\12.1.2Test" NAME="OracleHome6" REMOVED="T"/>

  inventory.xml に削除対象のエントリが無い場合、この手順は不要です。

4. レジストリ・エントリから削除します。
   レジストリ・エディタを起動します。
   [スタート] -> [ファイル名を指定して実行] -> regedit を実行します。
   ・HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ORACLE\KEY_<ORACLE_HOME> から該当のエントリを削除します。

   inventory.xml に無い "KEY_<ORACLE_HOME>" が存在する場合、"KEY_<OARCLE_HOME>" 配下
   以下エントリの設定値から削除対象であることを確認してください。

   ORACLE_HOME
   ORACLE_HOME_NAME
  
  ・HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\ODBC に移動し、"Oracle in <ORACLE_HOME>"を削除します。
  ・HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services に移動し、
   ORACLE という文字列で始まり、削除対象の ORACLE_HOME のパスが含まれているエントリを削除します。
  ・HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ocfs を削除します。
 
  下の3つは不要です。
  detachHome.cmdが成功している場合、1つ目も不要の場合があります。

5. 環境変数を削除します。
   ・[マイコンピュータ]を右クリック -> [プロパティ] -> [詳細設定タブ] ->[環境変数] を選択します。
   ・システム環境変数の下で、削除対象の ORACLE_HOME のパスを含むエントリを削除します。一般的には CLASSPATH、ORACLE_HOME、PATH、PERL5LIBに含まれています。

  おそらく不要ですが、念のため確認します。

6. メニューアイコンを削除します。
   ・[スタート]を右クリック -> [エクスプローラー - All Users] -> [プログラム] を選択します。
   ・Oracle - <ORACLE_HOME> 名のファルダを削除します。

7. 削除対象の ORACLE_HOME がこのコンピュータにインストールされている唯一のOracle 製品である場合は、C:\Program Files 配下のOracleフォルダを削除します。
   他のOracle製品がインストールされている場合は削除しないでください。

8. Windows の再起動を実行します。

9. TEMP/TMP フォルダの中身を全て削除します。 

10. ORACLE_HOME をフォルダごと全て削除します。
 
11. ゴミ箱を空にします。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Feed
follow us in feedly
  • ライブドアブログ