ブログネタ
読書 に参加中!
こんにちは。ippan_seです。
今回は『王様の速読術』の読書記録です。
速読には昔から興味があり、眼球運動や速聴などトライした経験がありますが、
結局、どれも続かなかったです^^;
ですが、この速読とは系統が違い、高い技術を要さないので続けられる気がします!

では早速内容です。
目的をしっかりさせること
速読と乱読は違います。乱読はただ情報を詰め込むだけです。
速読は目的を持って必要な部分を読むことです。
また何が知りたいのか意識して読むことで、本から吸い取る情報の質を高められるのです。

本は家来だ
王様は家来の都合に合わせませんよね。王様の都合に家来が合わせるのです。
例えば王様の空き時間が30分しかないのに、家来の話によって1時間割かれるのはおかしいですよね。
本も家来と同じです。
どんな本でも1冊にかける時間を30分と決めてしまいましょう。

30分の内訳はこうだ
1.レビュー     5分
2.全ページスキャン 5分
3.スキミング    20分

レビューとは読む前の予告です。
ここでは本のタイトル、構造、目次、筆者の気持ち・考えを読み取ります。
そして自分の目的を満たしてくれる箇所に付箋やしおりを挟んでマーキングします。

全ページスキャンは全てのページを、見開き1ページ2秒のペースで眺めることです。
本の情報をざっと吸い取ります。同時にレビューで漏れていた箇所を補います。
一見無駄な行為のように思いますが、この訓練を積んでいくと
この段階で大量の情報が理解できるようになるそうです。
同時に脳力が高まるようです。

スキミングは上の2ステップでつけた箇所を精読していきます。

インプットしたらアウトプットが重要
インプットは釣れた魚のまま。ウロコや臭みがあってとてもお客さんに提供できません。
アウトプットは寿司ネタです。人に提供できるものです。
自分なりに加工して、アウトプットしてみましょう。

結局は訓練
最初はインプットに30分を超えることがあるかもしれません。
また上手に加工・アウトプットができないかもしれません。 
これはどんな速読術でも同じかもしれません。
しかし、インプット⇒加工⇒アウトプットのサイクルを毎日繰り返せば必ず上手になります!
くじけず、速読の目的をしっかり意識して訓練していきましょう。

以上、読書記録でした~。
(2016-05-02)